軽減税率の特例

家を売る時の控除は他にも色々とあります。例えば家を売った年の1月1日において、売った家の所有期間が10年を超えている場合には、3000万円の特別控除を適用した後の金額に対しても、軽減税率が適用される軽減税率の特例があります。
これは、3000万円の特別控除を適用した後の金額が6000万円までの部分には所得税が10パーセント、住民税4パーセントになり、3000万円の特別控除を適用した後の金額が6000万円を超える部分には、所得税15パーセント、住民税5パーセントになる税金控除です。
もし、近いうちに所有期間が10年を超えそうな場合には、この軽減税率の特例が使えるようになるまで、一時待っておくのもおすすめです。

マイホームイメージ画像また、意外に使いやすいのが買換えの特例です。
この買換えの特例がどのようなものなのかを簡単にご説明すると、元々2,000万円で購入した家を6,000万円で売却する事ができた後で、売ったお金で8,000万円のマイホームに買い換えをした場合には、普通ですと6,000万円から2,000万円を引いた4,000万円の譲渡益が課税対象となるのですが、この買換えの特例の適用を受けた場合には、売却した年分で譲渡益への課税は行われないで、買い換えたマイホームを将来的に売却した時まで譲渡益に対する課税が繰り延べられる事になります。
引越しなどで住んでいる家を売却し、新しい土地で家を購入する時などに使用できるのでおすすめです。


軽減税率の特例
Previous post
最高3000万円の控除
Next post