家を売る時にかかる税金

住宅街の写真土地や家を売るなど不動産を売却すると印紙税や所得税、住民税がかかります
この印紙税は、郵便局などで収入印紙を必要な金額分購入し、不動産の売買契約書に貼って印鑑で消印する事で収める事ができる税金になります。
この契約書を買主と売主1通ずつ作るような場合には、どちらか1枚の契約書ではなく、それぞれの契約書に印紙を貼る必要があります。

この収入印紙の金額は契約書の記載金額によって決められていて1万円超50万円以下の場合には200円、1000万円超5000万円以下の場合には1万円、5000万円超1億円以下の場合には3万円、1億円超5億円以下の場合には6万円、5億円超10億円以下の場合には16万円、10億円超50億円以下の場合には32万円
50億円超の場合には48万円と決められております。

また、不動産を売る事によって利益が出れば、当然の事ながら譲渡所得税や住民税がかかってきます。この譲渡所得に対する税金は、事業所得や給与所得と分けて計算されるという性質から、別名「分離課税」とも呼ばれています。具体的な譲渡所得の金額は、売却不動産の取得費に売却費用を加算した額を、譲渡価格から差し引いた額です。

このように不動産を売却するという事は、意外にお金がかかってしまいます。その為、不動産を売却するのを渋ってしまう方も多いと思うのですが、実は不動産を売却する際にかかる税金を控除する事ができる事ができます。そこでこちらのページでは、どのような税金控除の仕組みがあるのかをご紹介します。


最高3000万円の控除
Previous post
家を売る時にかかる税金
Next post