最高3000万円の控除

家を売却した時にかかる税金は、売却金額に対して税率を掛けることで算出されます。しかし、全てがそのまま税金がかかるという事ではなく、いくつかの条件に当てはまれば、一部控除がされるようになります。

家の模型と電卓とメモ帳最も有名な控除は、収用される時に最高5000万円、自分の住んでいる居住用不動産を売却したときは最高3000万円の控除となる特別控除です。
特別控除の課税取得額は譲渡価格から取得費と譲渡費用の金額を引いたものから、更に特別控除額を引いた金額になります。
つまり、3000万円以下の売却価格の居住用不動産に関しては、譲渡所得税は実質0円という事になります。
これは、長期保有でも短期保有でも変らずに3000万円の控除があるという事になります。
譲渡所得が3000万円を超えなければ、特別控除額も譲渡所得の金額が上限になりますので非常にありがたい税金の控除になります。

また、合わせて利用したいのが繰越控除です。これは繰り越し分の控除を受ける事ができる制度で、繰越控除を利用する場合には、確定申告書に繰り越し額がどれだけあるのかを明記した明細を提出しなければなりません。この繰越控除は、繰越によって3年間は控除を受けることが可能で、控除がなくなるまで受けることができますので覚えておくとお得です。


軽減税率の特例
Previous post
家を売る時にかかる税金
Next post